なぎにゃぎのにょきにょきにっき

日頃感じたことを書くだけのブログ(・w・)仕事やマンガ、アニメ、スポーツと様々なことを書いています

【書評】反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」

この記事をシェアする

どーも。

なぎにゃぎです。

 

皆さんは日常生活の中でイライラする。

またはちょっとしたことで落ち込むなど不安定な気持ちになることってあります?

 

僕は気分屋なので非常に気持ちの変化が大きいです。

相手のちょっとした発言や態度で、気持ちが不安になることも結構あります。

 

そんな悩みを持っている人におすすめしたい本を紹介します。

僕と同じような悩みを持っている人におすすめです。

反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」

うわー。タイトルだけ見ると非常に怪しい・・・。

あらゆる悩みが消える。

ブッダの

超合理的な考え方

 

はてブ狙いのタイトルみたいだしー。

宗教っぽい感じはするしー。

ちょっと引くタイトルですけど、

宗教的な雰囲気は一切なく非常に読みやすいです。

 

著者の草薙龍瞬さんは宗派に属さないフリーの出家僧です。

「フリー」ってことで、偏った思想や宗教や宗派を押し付けてこない点も良かった点のひとつになります。

 

前置きが長くなりましたけど、

共感できたポイントを紹介したいと思います。

 

悩みを理解しよう

人生に「悩み」はつきもの、と世間ではよく言います。

しかし、「悩みの正体」がわかっている人は意外と少ないものです。

漠然とした満たされなさ、「このままでいいのだろうか」という思いは

あっても「悩みの正体」がわからないから、なかなか解決できません。

ブッダの考え方は「悩み」を「理解する」ことから始まります。

「悩みがある」

「悩みには理由がある」

「理由があるから解決策もある」 

そうやって順を追うことで、どんな悩みでも確実に解決できる。というのがブッダの合理的な考え方になっています。

 

僕たちも日常の中でモヤモヤすることってありますよね?

なんでかな?

モヤモヤとした気分が晴れない・・・。

そんなときこそ悩みがあることをまずは理解する必要があります。

 

ムダに判断していませんか

人が悩んでしまう理由の1つは「判断しすぎる心」にあります。

「判断」とは、この仕事に意味があるとかないとか、

人生は生きている値打ちがあるとかないとか、

彼と比較すれば、どちらが優れているなど「決めつけ」「思い込み」のこと

こうした判断は不満、憂鬱、心配ごとなど多くの悩みを作りだしてしまう。

僕たちは生活する上で多くの判断を無意識にしています。

好き嫌いではなく、そのこと自体を理解しましょう。

 

自分を否定しない。どんなときも

失敗したーと思うことは人生全般に必ず起こります。

大事なのは、そこで凹まないこと。

けして自分を否定しないことです。

しかし「判断」という心の反応は厄介なもので、すぐに「評価を下げたかも」「自分は向いていない」「ダメな人間なんだ」と自分を責めてしまう。

判断する心はすぐに自分を否定しようとするらしい。

非常に厄介なやつですねー。

 

自分が否定されると承認欲求が満たされなくて、イライラする。

そんな不快な感情がずっと続いてしまいます。

 

自分を否定しないってすごく難しいことだと思う。

それでも、何か間違いを犯したときは今だけを見据えて、状況を正しく理解して、ここからできることに専念するしかないのです。

 

過去を理由に今を否定することが、心の煩悩、邪念、雑念ってことです。 

 

本物の自信のつけ方

「もっと自信があれば、、」と感じている人は大勢いるはずです。

ただ、ブッダの考えに照らし合わせると

自信がある・ないというのも「判断」にすぎません。

「判断」は妄想の一種ですから、すぐに吹き飛びます。

自信ってなに?

皆さんは説明できますか?

自分がこれができるって自信を持っていても本当にできるか?

それは今の時点では不明です。

 

仮に今までできたので自信ありますって言っても状況は常に変化していくので、自信の保証にはなりません。

 

そして自分はまだまだですって考えも不合理です。

まずは今できることだけを考えよう。

ただやるべきことをやることが大切です。

反応しないことが勝利

もし罵る者に罵りを、怒る者に怒りを、言い争う者に言い争いを

返したならばその人は相手からの食事を受け取り、

同じものを食べたことになる。

わたしはあなたが差し出すものを受け取らない。

あなたの言葉は、あなただけのものになる。

そのまま持って帰るがよい。

ブッダは普通の人なら腹を立てるようなことを言われても、反応せずに相手を理解することに徹していたそうです。

 

ブログを見ていても炎上商法で稼いでいる人がたくさんいます。

そんな人たちに何を言われても、ただ理解して、そうですか・・。と

言えることが一番の勝利ってことですね^^

うーん。難しい。

 

過去は忘れよう-記憶を相手にしない

人は過去の出来事をいつまでも覚えていて、

相手にも、その記憶を通して向き合ってしまいがちです。

ただ、その記憶が「またか」という反応とともに

新しい怒りを誘発してしまいます。

確かに記憶を通して触れ合ってしまうことって多いですね。。

失敗したことに対する怒りよりも、「またかよ・・」って反応して怒りを覚えることってありますね。

 

いつも初対面と思って接することで、

そんな感情からは解き放たれると思います。

 

記憶は記憶。思い出しても反応しない。

誰かと言い争ったとして最初の「怒り」は相手に対してです。

ただ言い争いが終わったあともイライラしている場合は、原因は「相手」ではなく自分の記憶になっている可能性があります。

 

過去を思い出してはイライラしているから、

いつまでも怒りが消えないのです。

 

僕も色々と思い出してはイライラすることが多いので、注意しなくては。。

 

まとめ

僕が読んでいて参考になったと思った部分を紹介させてもらいました。

普段からちょっとしたことで悩んでしまう。

なんとなくモヤモヤが解消されない。

 

そんな悩みを持っている人に読んでもらいたい一冊です。

ではでは。