なぎにゃぎのにょきにょきにっき

日頃感じたことを書くだけのブログ(・w・)仕事やマンガ、アニメ、スポーツと様々なことを書いています

寒い時期のお米研ぎ対策を考えてみた

この記事をシェアする

どーも。

なぎにゃぎです。

 

寒い時期になってくるとお米を研ぐのが大変になってきますよね。

僕は、ほとんど家事の手伝いしませんけど、ご飯を炊くことだけは手伝っています。

普通に研ぐと手がカチコチになるくらい冷えてしまうので、ちょっとでも負担が減る方法を考えてみました。

f:id:hangtime1532:20161115054609p:plain

 

水が冷たいから悪い。お湯で研ごう!

いやいや。お米が美味しくなくなるからダメ!!

 

よく言われていますけど、なんでダメなんでしょうか。

調べてみると以下のような理由があるみたいです。

  1. 糠の臭いが残りやすくなる
  2. 旨みが逃げやすくなる

なるほど。

糠臭さが残りやすくなるのは、お湯の方が水で洗うよりも吸水率が良いので、1回目に研いだ時の水をお米が吸収してしまって臭くなるって訳ですね。

 

つまり、研いだあとの水がお米に接している時間を短くすれば良いのでは?

炊飯ジャーで研ぐから、水を切るまでの時間がかかるのかなって思って色々と調べていたら良さそうな商品が見つかりました。

 

 

これは横に穴が開いているので、傾けて米を研ぐと、水が流れていきます。

お湯を出しながら研げるので、お米が研ぎ汁を吸収するのを防ぐことができるんですよねー。

これなら手が冷たくならなそうってことで、我が家でも使っています。

 

 

また、お湯で研ぐことで旨みが逃げ出すのは、ぬるま湯だったら問題ない。という意見が多くありますので、そこまで気にすることはないと思っています。

※お米を焚く際は、ちゃんと水を入れることが前提です。

 

ただ、気になるなって人には、これを使ってみたらどうでしょうか?

 

 

水に触れることがないので、手が冷たくなりません。

また手が荒れる心配もないので女性におすすめですね。

妻が使っていましたけど、僕は手で研いだ方が美味しくなると思い込んでいるので、こっちは使っていません。

 

どちらの商品も使ってみたら便利だったので紹介させてもらいました。

また、炊飯ジャーでお米を研ぐとジャーの内側が傷ついて、炊飯器の力を100%出せなくなってしまうみたいです。

ボウルなど使うようにした方が良いみたいです。

 

www.naginyagi.com

 

ではでは。