なぎにゃぎのにょきにょきにっき

日頃感じたことを書くだけのブログ(・w・)仕事やマンガ、アニメ、スポーツと様々なことを書いています

「才能」なんて「火が起こるまでの早さ」でしかない。

この記事をシェアする

どーも。

なぎにゃぎです。

 

タイトルはちはやふるってマンガに登場する

かるたの名人と言われている名人が

「才能」があって羨ましいって言われたときのセリフです。

「才能」なんて言うけど、おれはたんに

「火が起こるまでの早さ」だと思ってる。

「才能」があるやつは火がつくまでが早い。

でもそれだけ。

火の強さや燃え続けられる時間を保証はしない。

引用:ちはやふる29巻

 

今年、社会人になった人たちは社内研修を終えて、そろそろ実戦に向かうと思います。

 

同期で入社したアイツは飲み込みも早くて、先輩たちから期待されている。

自分はこの仕事に向いていないんじゃないかな?

そんな風に考える前にこのセリフを思い出してもらいたい。

社内研修で差をつけられる

僕の会社は3ヶ月の社内研修後に、各プロジェクトに配属されるって流れです。

Javaの研修資料に合わせてコードを打ち込む。

プログラムの動きが確認できたら練習問題に取り組む。

最期は課題をやっつける。

よくある内容の研修です。

 

 

 

この手の研修だとセンスある子はバリバリと課題を進めていって、先輩、上司からの評価も上がっていく。

逆にできない子は作業も遅くて色々な人にフォローしてもらう必要がでてきます。

そこで多くは才能ないなぁ。。

向いてないから辞めようかなぁ。。なんて考え始めるのでしょう。

 

ただ後輩たちを見ていると1ヶ月目にあった差は、研修が終わる3ヶ月目には少しずつ縮まっているように思えます。

それは周りから見たときに感じただけなので、本人は差なんて縮まっていない。って考えているかもしれませんけどね。。。

 

 

向いていない仕事をやり続けても仕方ない?

よくそんな話って聞きませんか?

自由に生きよう!!

レールに乗った生活なんて、、、。

石の上にも3年!?私はそれで人生を無駄にした!!

転職サイトへのリンク。みたいな。

 

僕はそんな風には思いません。

向いてる。向いていないなんて1年働いたところで判断つかないでしょ?

2~3年やってみて、それでも向いていないわーって考えに至ってから新しいこと始めた方が良いと思います。

 

中途半端にやって、やめてを繰り返していると更に向いていることなんて判断つかなくなります。

 

ただし肉体的、精神的にダメになりそうなブラック企業に勤めているってことだったら即行で転職することをおすすめします。

 

まとめ

極論を言っちゃえば他人となんて比較してんじゃねーよ。

自分を軸に考えるべきだよ。

ただ同じ会社で同期って環境が似ている人と比べたくなっちゃうのが人間の性です。

 

それなら比べるのは仕方がない。

ただ、そこで劣等感なんて持たないで

「火が起こるまで時間がかかってる」

それだけなんだよーって気楽に考えていきませんか?

 

どれだけやっても火が起こらないなら、新しい木を探す旅に出かければいいだけだし。

僕はプログラミングの才能は一切なかったけど、お客さんの作りたいことを理解することは得意だったみたいでIT屋さんとしてご飯食べてます。

 

ではでは。

↓冒頭のセリフが記載されている話はこの巻です。