なぎにゃぎのにょきにょきにっき

日頃感じたことを書くだけのブログ(・w・)仕事やマンガ、アニメ、スポーツと様々なことを書いています

出産祝いのお返しは「いただいた額の半分程度が目安」じゃねーよってはなし

この記事をシェアする

どーも。

なぎにゃぎです。

 

僕の周りで出産ブームがやってきました。  

今年に入って7名から「子ども産まれましたー」って報告があって、とても嬉しく思っています。

出産内祝い不要

 

うちは妻がプレゼントを贈るのが好きってこともあって、出産祝いは贈ることが多いです。

 

ほとんどの場合、子ども服とおもちゃをセットでプレゼントしています。

 

まぁ1万円以内だったら相手にも気を使わせない金額だと思って、それくらいを目安に購入しています。

 

こちらとしては喜んで使ってくれるだけで満足です。

 

それなのに出産内祝いってよくわからないものがあって、贈った相手にも気を使わせちゃってなんだか申し訳ない気分になっちゃうなーって話です。

スポンサーリンク

 

出産内祝いってなに?

内祝いは本来、「内々の祝い」、「身内の祝い」って意味らしく、お祝いごとがあった人がその喜びを分かち合うために親しい人や身内に贈り物をする慣習らしいです。

 

それなのに現在ではお返しの意味が強くなって、出産祝いをいただいた人にお返しって意味で使われるのが一般的です。

 

おぉ。。

元々の意味とは全然違うってことじゃないですか。

 

どっちにしても忙しい時期にやらせることじゃないと思いますが、、。

 

面倒なのでお返しを断っちゃう

出産内祝いで検索すると色々なサイトで、「金額はどの程度が良い」、「時期はこのくらいが良い」って言ってくるけど個人的には内祝いって不要だと思っています。

 

出産後の忙しい時期にお返しなんかで、気を使わせたくないですし、そんなお返しするなら子どものために使って欲しいって思います。

 

昔はこんな慣習がありましたが、今はそこまで神経質になることありませんよ。ってアドバイスくれるサイトはないのか。

 

「お返しは頂いたものの半分くらいを目安に」って書いたあとにおすすめの出産内祝い商品はこれです!!みたいな流れは結構です(笑)

 

僕はお返し不要なので出産祝いを贈るついでに、手紙を添えてお返し不要だからーっと伝えています。 

 

それでも友人の奥さんが気にするタイプだと困るので、今度遊びに行ったら地元のご飯ご馳走してねーっとか冗談っぽく書いていますけど(*'▽')

 

 

まとめ

出産内祝いって、業界の利益を確保するために作られた慣習だと勝手に思っています。

 

出産内祝いのマナー、知らないでは済まされない常識とか?とか言って不安を煽り、それなりの値段のお返しを購入させようとしているサイトが多いこと。

 

お返し目当てで出産祝いを贈る人なんていないはずなので、こんな文化は廃れていけば良いのですが。

 

出産祝いを貰った方からお返し不要だよね?なんて聞きにくいので、こっちからお断りしてますって話でした。

 

ではでは。