なぎにゃぎのにょきにょきにっき

日頃感じたことを書くだけのブログ(・w・)仕事やマンガ、アニメ、スポーツと様々なことを書いています

新人エンジニアに読んでもらいたい「7つの本 + α」

この記事をシェアする

どーも。

なぎにゃぎです。

 

毎年4月になると多くの新人ITエンジニアの方が職場に配属されますね。

 

僕は新人時代にしっかりとした研修を受けられず、苦労した記憶があります。

 

自分で色々と技術書などを買い漁って勉強しましたけど、その中でも特に若いうちに読んでおきたい書籍を紹介したいと思います。

 

追記

おすすめしたい本が増えてきたので随時更新していきたいと思います。

コーディング

リーダブルコード

キレイで読みやすいコードの書き方を教えてくれる人って少ないと思います。

 

妙なこだわりのある上司の下、面倒なルールのあるプロジェクトなどに配属されると良いコードの書き方をいつになっても理解することができません。

 

僕は新人時代から金融系の保守やインフラ系の開発などを行ってきました。

ただ、どちらも古い環境、体質だったので変数名、関数名など適当に書けば良いって

文化でした。

※動けばOK的な、、、。

 

そんな状態から新しい環境に移ると非常に苦労した思いがあります。

 

皆さんは早い時期から上司やプロジェクトに左右されない良いコードの書き方を覚えていってください。

 

しっかりとした基準を覚えておけば上司に面倒な指摘をされても自分の考えを説明することができるはず。

 

プリンシプル オブ プログラミング3年目までに身につけたい一生役立つ101の原理原則

プログラミング言語の文法を覚えて、コードは書けるようになったけど「よいコード」にならない。

 

動くことは動く。

結果もそれなりに良いけど、修正するときに非常にわかりずらい。

 

先輩が書いたコードと比べても処理の繋がりが見えにくい。

そんなコードを書いてしまった経験はありませんか?

 

優秀な先輩の下で働くことができれば、わかりやすいコードを書く癖は身に付いていきます。

 

ただ優秀な先輩と働けるかって運に左右されますよね。

言語に縛られない「普遍的な知識」を身につけたい。

そんな人におすすめしたいです。

 

言語に左右されない知識なので、少しずつでも良いのでしっかりと内容を抑えておきたいですね。

 

リファクタリング

リファクタリングって軽く見られていますけど非常に大切ですよね。

 

保守性の高いソースを維持しておくことでいざってときにすぐにプロジェクトから離れることが可能になるかもしれません。

 

読みやすいソースを書いておくことで不具合があったときの対応も楽になります。

 

テクノロジー

Webを支える技術

普段なんとなく使っているWebの技術について、基本的な考え方を学ぶために適した良書です。

 

大手SIerなどだったら社内研修などで、この辺の技術も教えてくれるかもしれませんけど、中小企業で働く方は研修期間も短いので基本的な技術を本で学んでいきましょう。

 

絵で見てわかる Oracleの仕組み

ほとんどの業務でDBは使用されています。

 

Oracle、MySQL、DB2、PostgreSQLなどプロジェクトごとに使用するDBは異なります。

 

ただ、基本的な考え方は同じなので、感覚的に分かりやすい本で学ぶのが良いと思います。

 

この本はOracleの仕組みと言ってますけど気にしないで読んでみましょう。

10年以上前の本ですけど、絵が多くてイメージが掴みやすい点がおすすめです。

 

アルゴリズム図鑑 絵で見てわかる26のアルゴリズム

基本的な26のアルゴリズムをすべてイラストで解説してくれています。

イラストがカラフルでわかりやすいので、ぼんやり見ているだけでも楽しめる一冊になっています。

 

特に文系エンジニアの人で、アルゴリズムについて学ぶ機会が無かった方におすすめします。

 

ソースコードは登場しませんけど、プログラミングスキル向上への手助けにはなると思います。

 

その他

入門 考える技術・書く技術

仕様書や設計書を書くためにわかりやすい文章で表現する必要があります。

 

社内研修で文章の書き方まで教えてくれる会社は少ないと思いますので、学んでおくと同期より一歩前に進むことも期待できます。

 

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか

この本に書いてある内容を若いうちから意識して働いていれば、、。

そんな風に思わせてくれる本です。

 

著者もエンジニアとして活躍されている方なので、新人エンジニアでも取り入れることができるノウハウが多く書かれています。

 

特に仕事時間の見積り方などは、早いうちに理解しておくと自分がスケジュールを管理する立場になったときなどに役立つと思います。

 

「納品」をなくせばうまくいく

こんな働き方もあるんだ・・。

そんな発見があります。

 

新人としてSIerに入社して同じような開発をずっと行っていくとそれが常識だと思ってしまいます。

 

開発って色々な方法がある。

そんなことを気がつかせてくれるので若いうちに一度、読んでもらいたいです。

 

まとめ

新人時代に読んでおきたかった本をまとめてみました。

 

紹介した本はどれもおすすめですので新人エンジニアの方は目を通してもらえると嬉しいと思います。

 

C#を勉強している方にはこちらの記事もおすすめです。

 

ではでは。