なぎにゃぎのにょきにょきにっき

日頃感じたことを書くだけのブログ(・w・)仕事やマンガ、アニメ、スポーツと様々なことを書いています

【サッカー】将来の日本代表候補:安部 裕葵<鹿島アントラーズ>への期待が止まらない!!

この記事をシェアする

どーも。

なぎにゃぎです。

 

いやー。

面白くて将来性のある若手が出てきました。

その名も安部裕葵(あべひろき)選手。

僕が応援している鹿島アントラーズに所属です。

 

応援しているチームの選手だから贔屓目に見ている?

いやいや。そんなことはありません。

 

まだ18歳と若いけど将来性抜群です!!

まずはワールドチャレンジ2017:セビージャとの試合を見てください。

対セビージャ戦

Jリーグ公式チェンネルの動画

中央でドリブル突破しているのが安部選手です。

見えにくいかもしれませんけど、

冷静に出てきたDFを躱して優しいラストパス 。

高卒一年目の選手がやるプレーじゃないぞ。

 

現地の方が撮った動画

こちらの動画の方が、

安部裕葵選手の動きが見やすいですね。

よーく見てください。

世界レベルの相手に対してこのドリブル・・・。

鳥肌立ちませんか?

 

将来、日本代表に選出される可能性が高い選手だと思っていますので、プロフィールやプレースタイルを紹介させてもらいます。

 

プロフィール

名前  :安部 裕葵(アベ ヒロキ)

生年月日:1999年1月28日

出身  :東京都

身長  :171cm

体重  :65kg

利き足 :右利き

背番号 :30番

 

高卒1年目にも関わらず、

強豪の鹿島アントラーズで試合に出場しています。

 

まだ出場機会は後半残り20分だけってケースが中心ですが、切り札的存在として重宝されているように見えます。

 

2016年の鈴木優磨選手や、少し遡って2010年代前半の本山雅志選手のように出てくると試合の流れを変えて、チームのギアを1段上げてくれる選手だと思います。

 

経歴や出身チーム

S.T.FOOTBALL CLUBから広島県瀬戸内高等学校へ進学。

瀬戸内高校時代は高校総体でレギュラーとして活躍し、優秀選手に選ばれています。

 

高校時代もそこまで印象に残っていなかったので、鹿島アントラーズのスカウトの目利きには驚かされます。

 

ちなみに、S.T.FOOTBALL CLUBは、本田圭佑選手が経営に関わっているチームでここからプロ入りするのは、安部選手が初めてになるみたいです。

 

ポジションや特徴

ポジション

フォワード登録されていますけど、トップよりもやや下のポジションで起用されることが多いです。

ボールを受けてから勝負していくタイプなので、これからも2列目で起用していくべきでしょう。

 

特徴

トラップしてからボールを置く位置が、他の選手に比べて優れています。

 

セビージャ戦でも見せたようにDFが取りにくい位置にボールをトラップして、自分が主導権を握った状況を作り出せる選手ですね。

 

DFが我慢できなくなって足を出せば抜くし、スペースが出来たらパスやシュートも狙える。

素晴らしい技術を持っています。

 

また独特のリズムと身体の使い方も特徴的です。

常に相手の前に身体を入れていくので、ボールは取られにくいし、ファールは取りやすいので、相手からすると非常に厄介な選手です。

 

目指して欲しい選手

僕の中で超えて行って欲しい日本人選手が2名います。

世界を見渡す前にまずはこの2名を超えていくレベルになって欲しい。

 

一人目:斎藤学

横浜F・マリノスに所属する斎藤学選手。

ボールを持たせたら厄介な選手ランキングで、5本の指に入る選手だと思います。

 

ボールタッチの多いドリブルをするタイプなので、身体の使い方やスピードの緩急など学べる点は多いです。

体型も近いので、まずは斎藤学選手を超えるプレーヤーになって欲しい。

二人目:乾貴士

セクシーフットボーラー:乾貴士選手。

ドリブルでスタジアムを沸かせることができる選手ですね。

 

個の力で局面を打開できる選手なので、安部選手にも同じように個の力を活かしたプレーを若いうちからチャレンジして欲しいです。

 

スペインで活躍している姿を見ると安部選手もいつかは、、、。

なんて夢を見てしまいます(笑)

 

動画集

安部選手の動画集です。

キレッキレのドリブルはやっぱり見応えがあります!!

 

身体の使い方が上手いっ 

また身体の使い方が上手なので全然、当たり負けしていません。

身体の大きさで悩んでいる人は、安部選手の身体の使い方を是非学んで欲しいです。

 

柔らかいトラップを簡単にやってます。

トラップが下手な日本人選手が多い中で凄い才能を感じさせます。

 

30秒くらいにシュート打つシーンがありますけど、ゴール前で冷静すぎるー。

高卒一年目とは思えない落ち着き・・・。

自分でタメを作ってから打ってますからねぇ。

 

相手をイライラさせるキープ力

このキープ力は相手にとってはイライラが溜まるでしょ(笑)

相手が疲れている状態で出場する機会が多いので、一人でキープできる存在はアントラーズにとっても大きな武器です。

 

ゴール前でも冷静

ゴール前でシュートを打たないことが多かったので、シュートが苦手なんて言われている時期もありましたけど、この冷静さ・・・。

 

どちらのシーンも相手DFの裏をついて抜け出して、キーパーとの1対1を冷静に決めています。

焦って浮かしちゃう選手が多い中で、高卒1年目なのに余裕がありますねぇ。。

 

まとめ

鹿島アントラーズに所属する安部 裕葵選手を紹介しました。

 

2022年のワールドカップでは23歳になっているので、日本代表の中心選手になっている可能性は充分ある選手です。

これからの活躍に期待したいですねっ!!

ではでは。