なぎにゃぎのにょきにょきにっき

日頃感じたことを書くだけのブログ(・w・)仕事やマンガ、アニメ、スポーツと様々なことを書いています

【野球】NYでの田中将大選手の評価が面白かったので成績と合わせてまとめてみた【2018年】

この記事をシェアする

どーも。

なぎにゃぎです。

 

球春到来(*'▽')

 

野球が見られない時期が終わって2018年シーズンが開幕しました。

 

【野球】NYでの田中将大選手の評価が面白かったので成績と合わせてまとめてみた」という記事では、2017年の田中将大選手がアメリカでどのように評価されているのかをまとめてみました。

 

毎試合、手のひらをクルクル変えるメディアの評価は面白かったです。

 

そんな訳で2018年度も田中将大選手の評価を集めてみたいと思います。

スポンサーリンク

 

1試合目~

1試合目:タナカはモンスターのような投球

6回 3安打 8奪三振 1失点

アメリカではモンスターって誉め言葉なんですね(笑)

 

まぁ日本でも甲子園で活躍した選手に対して、平成の怪物なんて評価することもあるのでそれと同じ感覚なんでしょう。

 

モンスター以外の評価では、相性の良いブルージェイズから勝利したことで「タナカはキャリアを通してブルージェイズを支配しており、今日もそのトレンドを継続した」と大袈裟な賛辞を贈られています。

 

そのトレンドを継続した・・・?

よくわかりません。

 

2試合目:1つのミスで彼の好投が消えることはない

6回 1/3 6安打 7奪三振 3失点

 

負け投手にはなりましたが、ホームランを打たれた6回までは、ほぼ完璧なピッチングを披露していたためメディアからの批判はなし。

 

監督からも「彼の好投が消えることはない」と信頼されています。

 

3試合目:とくになし

5回 7安打 3奪三振 6失点

 

6失点してますが、味方の大量援護に守られて2勝目を挙げています。

宿敵レッドソックス相手には内容よりも結果が大切ってことでしょうか。

 

NYメディアから厳しい言葉は無かったようです。

 

4試合目:ガタガタの登板

5回 8安打 5奪三振 7失点

 

オフに主力を大量に放出し、開幕から低迷しているマーリンズ相手に大量失点。

エラーが絡んだ失点があったとはいえ、メディアからは総叩きにあってます。

 

「ひどい出来のマサヒロ・タナカにチームは失望させられた。」

「今季4先発の全てで本塁打を許している。」など厳しい論調が増えてきました。

 

被本塁打の多さにも言及されていますね。

 

苦しい投球が続きますが、例年通りだと次の試合で復活して、手のひらクルーをさせてくれると信じて待ちましょう。

 

5試合目:支配的な田中が戻ってきた

6回 2/3 3安打 5奪三振 1失点 

 

はーい。

手のひらクルーきました(*'▽')

 

得意としているツインズ相手に快投を見せて、NYメディアの手のひらをしっかりと返してくれました。

 

しかし「願わくは好投が1試合だけでないことを」、「今日の田中で一番良かったことは今季初めて本塁打を喫しなかったこと」のように、まだ懐疑的に捉えているメディアもあります。

 

やっぱり3試合くらい続けてQSを最低でも達成して欲しいところです。

 

6試合目:とくになし

6回 2安打 9奪三振 1失点

 

味方打線の大量援護にも支えられて、6回1失点で今季初の2連勝を飾りました。

 

今季はここまで内容の良い日と悪い日が交互に出ていて、安定感に欠けていました。

2試合連続で安定した投球を取り戻すことができたので波に乗れると良いですね(*'▽')

 

7試合目:とくになし

6回 5安打 5奪三振 3失点

 

無死満塁のピンチで、勝ち投手の権利を持ったまま交代した結果、ランナー全てをリリーフに返されて5勝目を逃してしまいました。

 

無死満塁にした田中投手が悪いのか、、、。

ランナー全員を返したリリーフがゴミなのか、、。

 

それなりの投球をしていただけに残念です。

 

8試合目:ショウヘイ・オオタニは誰?

5回 1/3 8安打 3奪三振 4失点

 

宿敵レッドソックスとの首位攻防戦に登板した田中投手。

勝ち投手の権利を持ったまま降板しましたが、、。

 

またしてもリリーフ投手が打たれて勝敗はつかず。。 

6回途中で降板ということもあって、もう少し長いイニングを投げたいと本人も語っています。

 

今回の投球内容については、勝利したこともあって厳しいコメントはありませんでした。

 

ただ試合前のフリー打撃で快音を響かせていた田中投手に対して、「ショウヘイ・オオタニ? 笑わせる。マサヒロ・タナカでもできるじゃないか。タナカにもちょっとした長打力があるのだ」と報じています(笑)

 

NYYは大谷選手を取り損ねているので、ちょっとした悔しさが混じったコメントになっていますね(*'▽')

 

9試合目:序盤は苦しんだが途中から立て直した

5回 4安打 2奪三振 3失点

 

2回までに1本塁打を含む3失点と安定しない投球でファンを不安にさせましたが、それ以降は5回まで無失点で抑える好投を見せました。

 

球数も少なく、徐々に調子も取り戻してきたので、6回以降も投げると思いましたが、雨天の影響を考慮して5回で降板。

 

味方が同点に追いついてくれたので、勝ち負けはつかず。

3試合連続で勝ち星から遠ざかっています。

 

10試合目:苦しい投球を乗り越えた

5回 3安打 3奪三振 4失点

 

また5回で降板しています。

早いイニングでの降板は監督やコーチからの信頼の低さを物語っているようで、少し心配です。

 

11試合目~

11試合目:彼の投球が必要だった!!

6回 3安打 8奪三振 1失点

 

注目の大谷選手との対決は、2打数無安打1四球2奪三振と田中投手に軍配が上がりました。

 

NPB時代から1度もヒットを打たれていない相性の良さが出ましたね(*'▽')

全打席の内容も見ましたが、打たれる気配がなかったです。

 

6勝目をいい形で挙げることができたので、ここから盛り返してくれることを期待しましょう!!

 

12試合目:まとまりのないマサヒロ

5回 1/3 8安打 7奪三振 4失点

 

今回も打線の援護が大きかったですねぇ。

7勝目を挙げることができました。

 

ただ相変わらず一発病が完治せず。。。

今回の登板でも3本の本塁打を打たれています。

 

防御率も4.79と悪化しているので、本人も納得できる投球ではないと思います。

 

メディアからも「まったく良くなかった。悲惨ではなかったが、良くないことは確かである」、「今季は12回登板し、防御率4.79。昨年は防御率6.55。これは良くなったのか?」など厳しい評価が目立ってきました。

 

メジャー通算700奪三振を達成したことですし、そろそろエンジン全開の投球を見せて欲しいです(*'▽')

 

 

 

まとめ

2018年度もアメリカメディアの手のひらクルーを楽しみたいと思います。

 

ではでは。