なぎにゃぎのにょきにょきにっき

日頃感じたことを書くだけのブログ(・w・)仕事やマンガ、アニメ、スポーツと様々なことを書いています

【野球】NYでの田中将大選手の評価が面白かったので成績と合わせてまとめてみた【2018年】

この記事をシェアする

どーも。

なぎにゃぎです。

 

球春到来(*'▽')

 

野球が見られない時期が終わって2018年シーズンが開幕しました。

 

【野球】NYでの田中将大選手の評価が面白かったので成績と合わせてまとめてみた」という記事では、2017年の田中将大選手がアメリカでどのように評価されているのかをまとめてみました。

 

毎試合、手のひらをクルクル変えるメディアの評価は面白かったです。

 

そんな訳で2018年度も田中将大選手の評価を集めてみたいと思います。

1試合目~

1試合目:タナカはモンスターのような投球

6回 3安打 8奪三振 1失点

アメリカではモンスターって誉め言葉なんですね(笑)

 

まぁ日本でも甲子園で活躍した選手に対して、平成の怪物なんて評価することもあるのでそれと同じ感覚なんでしょう。

 

モンスター以外の評価では、相性の良いブルージェイズから勝利したことで「タナカはキャリアを通してブルージェイズを支配しており、今日もそのトレンドを継続した」と大袈裟な賛辞を贈られています。

 

そのトレンドを継続した・・・?

よくわかりません。

 

2試合目:1つのミスで彼の好投が消えることはない

6回 1/3 6安打 7奪三振 3失点

 

負け投手にはなりましたが、ホームランを打たれた6回までは、ほぼ完璧なピッチングを披露していたためメディアからの批判はなし。

 

監督からも「彼の好投が消えることはない」と信頼されています。

 

3試合目:

5回 7安打 3奪三振 6失点

 

6失点してますが、味方の大量援護に守られて2勝目を挙げています。

宿敵レッドソックス相手には内容よりも結果が大切ってことでしょうか。

 

NYメディアから厳しい言葉は無かったようです。

 

4試合目:ガタガタの登板

5回 8安打 5奪三振 7失点

 

オフに主力を大量に放出し、開幕から低迷しているマーリンズ相手に大量失点。

エラーが絡んだ失点があったとはいえ、メディアからは総叩きにあってます。

 

「ひどい出来のマサヒロ・タナカにチームは失望させられた。」

「今季4先発の全てで本塁打を許している。」など厳しい論調が増えてきました。

 

また田中投手の被本塁打の多さにも言及されています。

 

苦しい投球が続きますが、例年通りだと次の試合で復活して、手のひらクルーをさせてくれると信じて待ちましょう。

 

 

スポンサーリンク

?

 

まとめ

2018年度もアメリカメディアの手のひらクルーを楽しみたいと思います。

 

ではでは。