なぎにゃぎのにょきにょきにっき

日頃感じたことを書くだけのブログ(・w・)仕事やマンガ、アニメ、スポーツと様々なことを書いています

ロボホンの訪日観光向けレンタルが面白そう

どーも。

なぎにゃぎです。

 

先日、WBSを見ているとこんな企画を放送していました。

訪日客の観光の・・・「ロボホン」がYOUを案内

 

企画自体も面白そうですけど

何よりもロボホンが可愛いので紹介したいと思います。

ロボホンとは?

ロボット型携帯電話でこんな形をしています。

f:id:hangtime1532:20170323134816j:plain

#引用:ロボスタ

 

カワイイーー!!

ちなみに首にかけて持ち歩くみたいです。

その姿がこちらです。

f:id:hangtime1532:20170323135040j:plain

#引用:ロボスタ

 

お洒落なのか・・?って感じですけど

僕はハイテクおもちゃって雰囲気が好きです。

 

サービス内容

多言語対応の観光案内ロボットですので、

日本語に加えて、英語、中国語にも対応しています。

実際に旅行客が使っている映像も流れていましたけど、

少し聞き取りづらい部分もあったみたいですが

ほぼ問題なくコミュニケーションは取れていました。

 

観光地に合わせた紹介をロボホンがしてくれるので

訪日外国人に限らず日本人でも

知らない土地にロボホンを連れて行けば

観光マップに頼らないで楽しめる気がします。

「ロボてなし」アプリって呼んでましたww

 

写真撮影やダンス・歌などもやってくれるので

ちょっとした息抜きにもぴったりですねー。

元々の機能はこんな感じみたいです。

それでもカワイイなぁ。

どっかのキモイロボットとは違うぜ。

 

料金など

24時間で1500円と紹介されていて

それ以降は48時間で3000円、

72時間で4000円、以降は12時間ごとに

500円ずつ加算されていきます。

安いのと思うかは人それぞれだと思いますけど

個人的には2日間くらい借りても

充分楽しめる気がします。

 

ロボホンと旅行した記録を

ブログで書いてみる。

そんなことをしても面白いかもしれませんね。

 

気になるサービスの開始時期は 

4月25日以降となっています。

 

気になる点

観光スポットの案内機能

グローバルWi-Fi羽田空港店カウンター

レンタルされたものだけが対象らしい。。

自身が所有するロボホンに

観光案内してもらうには

シャープが一般の顧客向けのアプリを

開発してくれるのを待つしかないですね。

 

またサービスの範囲も京急電鉄のエリアである

東京・神奈川が中心になるみたいです。

ただし、日本人観光客向けにも

同様のサービスは行ってくれるらしいので

G.Wなどで関東に足を運んだ際に

試すことは可能かもしれません(・´з`・)

 

まとめ

Robi(ロビ)が登場したときも

デザインがカワイイなーって

思っていましたけど

こっちもイイですねー。

f:id:hangtime1532:20170323144048j:plain

※こっちはRobi

 

価格が20万と高い上に

月額980円のプランに入らないと

会話による操作ができないらしいので

購入は許可されないと思いますww

ただレンタルできるので

ちょっと使ってみたいと思いませんか?

 

ではでは。

おすすめ記事1. 2000年代前半の洋楽おすすめを紹介します。
2. 2000年代前半の邦楽おすすめを紹介します。
3. おすすめアニソンのベスト50をランキング形式で紹介【2017年版】
4. 【おすすめ】ジョギングのときに聞いてる曲を紹介する【邦楽】