なぎにゃぎのにょきにょきにっき

日頃感じたことを書くだけのブログ(・w・)仕事やマンガ、アニメ、スポーツと様々なことを書いています

「プロになるためのWeb技術入門」はWebアプリケーション開発の初心者におすすめしたい!!

この記事をシェアする

どーも。

なぎにゃぎです。

 

プロになるためのWeb技術入門を読みました。

2010年に第1版が発行されているので、内容は少し古くなっていますけど、基礎的な知識を学ぶには充分わかりやすくて良かったです。

こんな人におすすめ

Webアプリケーションの開発方法を,インターネットの仕組みの根本原理から,じっくり解説します。Webアプリケーションとは何か?――という根本的な問いかけから始まり,基礎の基礎をかためつつ,本物の実力を養成することを目標に内容を構成しています。これにより一貫した流れでWebアプリケーション開発の真髄を学ぶことができます。

 引用:amazon内容紹介

内容紹介に書いてある通り、初めてWebアプリケーションを開発する人のために基礎的な知識を取り扱った書籍になっています。

 

僕もWebアプリケーションとは関係のないプロジェクトが中心だったので、全体的な知識を身につけるために購入しました。

 

Webアプリってなにそれ?

なんとなくのイメージはあるけど、モヤモヤっとしてるなー。

そんな人におすすめしたい書籍になっています。 

 

全体の感想

非常に分かりやすい内容になっています。

Web技術入門と書いてあるのは伊達じゃない(笑)

 

Web周りって技術の進歩が早いので、流行っているものだけを学んでいくと、知識を身につけるだけで消耗してしまいます。

 

そんな状況に陥らないために、Webアプリケーションとは何か?から始まって、Webアプリケーションを効率よく開発するための仕組みまでを体系的に学ぶことができる「プロになるためのWeb技術入門」初学者におすすめできる内容だと感じました。

 

また第4章以降では、注文サイトを作成していく過程をPHPを用いて説明してくれるので、実際に開発していくイメージを持つことができます。

 

特に以下の章が個人的に良かったと思います。

 

Lesson2 Webはどのように発展したか

長い期間、Webアプリケーションの開発に携わっている人にとっては常識的な知識でも、僕のように途中から入った人間にはわからないことって多々あります。

 

なんでそんなこと必要なの?

よくわからないけど、おまじないワード使っておけばいいかー。

 

その辺りの漠然とした知識を整理するのに役に立つ内容です。

どんな問題があったのか?って背景を知ることで、今使っている技術の必要性を理解することができます。

 

スポンサーリンク

 

 

Lesson4 CGIからWebアプリケーションへ

宅配ピザ注文サイトを作成する過程で、CookieやセッションなどHTTP通信の基礎的かつ必須知識を学ぶことができました。

 

僕もバッチ処理が中心の開発だったので、この辺りの知識がモヤモヤっとしていましたけど、アプリケーションを開発するイメージで学ぶことができてスッキリしました。

 

Lesson6 Webアプリケーションを効率良く開発するための仕組み

Webアプリケーションのアーキテクチャ、レイヤパターンによるデータアクセス層の分離など開発経験がある人にとっては常識的な知識をしっかりと抑えることができます。

 

MVCモデルやフレームワークなど、全然理解できなかった内容でも繰り返し読むことで徐々にイメージすることができました。

開発効率を上げるためにも抑えておきたい章です。

 

まとめ

今後、Webアプリケーション開発に携わる人は必ず読んで欲しいです。 

非常にわかりやすく書いてるので半日もあれば、基礎的な知識を身につけることができます。

 

またそれ以外の技術書に関しても「新人システムエンジニアに読んでもらいたい7つの本」という記事で紹介しています。

 

ではでは。