なぎにゃぎのにょきにょきにっき

日頃感じたことを書くだけのブログ(・w・)仕事やマンガ、アニメ、スポーツと様々なことを書いています

自分に合った靴のサイズを知るために『3次元足型計測』を体験してきた感想

この記事をシェアする

どーも。

なぎにゃぎです。

 

皆さんは自分の足にあったサイズの靴を履けていますか?

 

靴を買うときも店員さんに言われたサイズを履いて、なんとなく足に合っている気がするからってことで足のサイズを決めていませんか?

 

僕はそんな感じで適当に靴のサイズを選んでいました。

 

ただ足のサイズに合った靴を履けていないと足が疲れやすくなりますし、靴擦れや外反母趾などの症状が出ることもあります。

 

今回は自分に合ったサイズの靴を買うために、足のサイズを無料で測ってくれるサービスを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

足のサイズを測ってくれるサービス

f:id:hangtime1532:20180503093037j:plain

僕が利用したサービスは、アシックスウォーキング直営店で利用できる3次元足型計測機による足型の測定です。

 

3次元足型計測機を利用して、7つのポイントから足の特徴を正しく計測してくれます。

 

多くの人が踵からつま先までの足長だけを基準に靴を選んでいると思いますが、それ以外の項目も合わせて靴を選ぶことで、自分に合った靴を探すことができます。

 

こちらから近くの直営店を検索できます。

 

7つのポイントから足のカタチを見る

f:id:hangtime1532:20180503092936g:plain

3次元足型計測にて測ってくれる部位は以下のようになっています。

 

足長

かかとから一番長い指までの長さ

 

靴を選ぶ基準となる部分ですね。

僕は基本的にここだけを見て、靴のサイズを選んでいました。

 

足囲

第一指と第五指の付け根の張り出した部分の周囲

 

ここが合っていないと足長を合わせていても靴が窮屈に感じますね。

 

かかと幅

足裏のかかと部分の幅

 

かかと幅なんて気にしたことなかったです。

ここが合っていないと靴擦れの原因などになります。

 

足高

土踏まずが始まる前の部分から測る甲の高さ

 

日本人の足は欧米の人に比べて甲薄なので、海外で作られた靴を買うときは気をつけたい部分ですね。

 

かかと傾斜角度

かかとの内側・外側への傾き

 

立ち方や歩き方に癖があるとかかとの傾斜角度は大きくなってくると思います。

 

ランニングシューズなどを購入する際には、癖をフォローできるような靴を選びたいですね。

 

第一指側角度

親指の曲がり具合、角度

 

アーチ高

土踏まずの高さ

 

運動不足や間違った靴を履き続けることや反対に運動の負荷が高すぎると靭帯が弛んで土踏まずが崩れて、落ち込んでくることがあります。

 

 

実際に測ってみた

僕と妻で実際に足型を計測してみました。

 

f:id:hangtime1532:20180503080137j:plain

こちらが僕の計測結果です。

 

いやー。足のカタチとしては細長い足ってことでしょうか。

 

足長が平均よりも長くて、足囲やかかと幅は平均よりも細い。

なんかバランス悪い足型してますね(笑)

 

足高もかなり低いです。

うーん。納得。

 

バスケットシューズを履くときは靴紐をしっかりと結ばないと、靴の中で足が動く気がしていましたけど足高が低くて普通のサイズだと隙間ができていたのかもしれません。

 

f:id:hangtime1532:20180503080133j:plain

こちらが妻の計測結果です。

 

僕よりも細長い足って感じですね(笑)

 

ヒールを履く機会が多い為、第一指側角度が少し外側に反れてしまっていますね。

 

計測してみた感想

普段どれだけ適当に靴のサイズを選んでいたのか。。。

 

身長に合わせて27㎝くらいの靴を履いていましたけど少し大きかったみたいです。

 

店員さんに聞いたポイントでは、靴紐を縛ったままで靴を着脱している場合は、大きめのサイズを選んでいる可能性が高いってことらしいです。

 

男性は大きめを選ぶ人が多いって話でした(笑)

 

足に合わない靴は疲れやすくなるし、捻挫などの怪我の原因にもなるので足のサイズに合った靴を選びたいですね。

 

まとめ

足のカタチを無料で測ってくれるサービスを紹介しました。

 

なんとなく選んでいた靴のサイズを自分に合った靴のサイズにして、足の負担を減らすためにも3次元足型計測を行ってみてください。

 

自分が普段どれだけ足に合っていない靴を履いていたのかって驚くと思います(*'▽')

 

最高に履きやすいビジネスシューズはアシックスのランウォークで決定!!」では、アシックスが販売しているビジネスシューズを紹介しています。

 

足の専門家が作る最高に疲れにくいビジネスシューズなので、特徴を見て欲しいです。

 

ではでは。