なぎにゃぎのにょきにょきにっき

日頃感じたことを書くだけのブログ(・w・)仕事やマンガ、アニメ、スポーツと様々なことを書いています

【レビュー】HUAWEI P20 lite | 低価格だけど美しい写真が撮れるコスパに優れたスマートフォンです

この記事をシェアする

どーも。

なぎにゃぎです。

 

今回は圧倒的なコストパフォーマンスの良さで、格安スマホの代名詞となった「HUAWEI」が2018年夏モデルとして発売した「HUAWEI P20 lite」のレビューです。

 

全3モデルのラインアップの中で、低価格ながら高いパフォーマンスを発揮する「Huawei P20 lite」は、最も人気のあるモデルだと思います。

 

早速レビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

結論から言えば

低価格モデルでもカメラの性能は譲りたくない!!

そんな人にとっては非常に魅力的な商品になります。

 

2〜3万円台のスマートフォンを購入する場合、あくまでもカメラはオプション機能として考える必要がありましたが、「HUAWEI P20 lite」ではカメラの性能だけで選んでも良いのでは?と思わせてくれるクオリティです。

 

おもなスペック

  • CPU:HUAWEI Kirin 659 オクタコアCPU (4 × 2.36GHz + 4 × 1.7GHz)
  • OS:Android™ 8.0 Oreo / EMUI 8.0
  • ディスプレイ:約5.84インチ FHD+ TFT, 2280×1080ピクセル
  • メモリ:RAM 4GB / ROM 32GB
  • メインカメラ(ダブルレンズ):約1600万画素+約200万画素 像面位相差AF+コントラスト AF
  • インカメラ:1600万画素,FF
  • バッテリー容量:3000mAh (一体型)

 引用元:Amazon.com

細かいことはわかりませんので、実際に使用した感想を紹介します。

 

 

僕は普段の生活では、スマートフォンを利用してゲームや動画は見ません。

そんな使い方ですとフル充電の状態で家を出て、夜寝る前の時点で70%ほど電池は残っていました。

 

大容量のバッテリーを搭載しているので、通勤や休憩のときに、ゲームや動画を見るヘビーユーザーでも、1日1回充電しておけば問題なさそうです。

 

また、急速充電規格に対応したUSB Type-Cを搭載しているので、あっという間に充電が完了する点も嬉しいですね。

 

デザイン

Huawei P20 lite

転載:Amazon.com

高級感のあるガラスボディを採用しています。

このガラスボディが本当にきれいで、スマホを触るたびに指紋が気になって仕方なかったです(笑)

 

まぁ付属のクリアケースをつけることで、指紋は気にしなくて良くなります(*゚∀゚)

 

画面のサイズは、約5.84インチと大きいですが、横幅をスリムに抑えてあるので、片手でも持ちやすくなっています。

 

ただ、女性だと片手で操作するのは、少し難しいサイズだと感じましたので、画像を縮小表示できる「ワンハンドUI」を使用することをおすすめします。

 

 

カメラの性能

Huawei P20 lite カメラ

転載:Amazon.com

メインカメラもインカメラも妥協しない。

これだけ言えるほどカメラの性能には自信があるのでしょう。

 

約3万円台のスマートフォンで、このクオリティは驚きです。

その辺で1~2万円のデジカメを買うよりは、HUAWEI P20 liteを買ったほうがお得だと思いますね。

 

人物撮影に特化した「ポートレート」、撮影後にフォーカス位置やぼかし具合を自由に変更できる「ワイドアパーチャ」の2種類の撮影モードに対応しています。

 

また「ビューティー補正」にも対応しているので、自撮り写真も楽しく撮影できます。

 

実際に「HUAWEI P20 lite」で色々と撮影してみました。

部屋の中でフィギュアを撮影

Huawei P20 lite:カメラ性能 部屋のなか

ぼかしのおかげで、ダンボーが際立っています。

 

Huawei P20 lite:カメラ性能 部屋のなか2

こちらの写真は、先ほどの写真から焦点をよつばに変更した写真です。

 

何も考えずに撮影した写真ですが、ワイドアパーチャ機能を利用して、簡単に雰囲気を変えることができるのは便利&面白いです。

 

外の風景を撮影

カメラのズーム機能を検証するために、屋外で撮影してみました。

 

Huawei P20 lite:カメラ性能 屋外の撮影

かなり遠くに名古屋駅周辺のビルが見えます。

同じ位置からズームを最大にして撮影してみると、、、。

 

Huawei P20 lite:カメラ性能 屋外の撮影 ズーム

かなりくっきりと名古屋駅周辺のビルが見えるようになります。

 

ペットと旅行にいくことが多いので、風景の写真がキレイに撮れるのは、僕の中ではポイント高いです。

 

植物を撮影してみた

Huawei P20 lite カメラ性能:植物

何も考えずに撮影しただけでも充分キレイに撮れます。

 

Huawei P20 lite カメラ性能:植物2

ワイドアパーチャを使用して、手前の花に焦点をあてて、ぼかしを入れてみました。

 

うーん。

道端に咲いている花を撮っただけなのに、お洒落感が出ている気がします。

 

動物を撮影してみた

最後にうちのペットを撮影してみました。

 

Huawei P20 lite カメラ性能 どうぶつ

被写体が優れ過ぎていて評価が難しいですが、かなりキレイに撮れていると思います。

 

Huawei P20 lite カメラ性能 どうぶつ ビューティ

目のキラキラ感もちゃんと撮れてるし、毛並みもイイ感じですね。

 

人物の撮影は全然してませんが、動物でここまでキレイに撮影できるなら全然問題ないと思っています。

 

まとめ

「HUAWEI P10 lite」に引き続き「HUAWEI P20 lite」もユーザが喜ぶポイントをしっかりと抑えてきてくれましたねー。

 

  • 圧倒的なコストパフォーマンスの良さ
  • まったく安っぽさを感じさせないガラスボディ
  • スペックも悪くないので日常使いでは問題なし
  • カメラの性能は非常に良い

 

両親や身近な人に「3万円くらいでスマホ買いたい」と相談を受けたら HUAWEI P20 liteをおすすめしておけば間違いない。

それくらいバランスの良いモデルだと感じました。

 

僕はメインスマホとして利用していますが、この値段だったら1台持っている人もサブスマホとして考えても良いのではないでしょうか?

 

ではでは。