なぎにゃぎのにょきにょきにっき

日頃感じたことを書くだけのブログ(・w・)仕事やマンガ、アニメ、スポーツと様々なことを書いています

『来世は他人がいい』吉乃と翔真の出会いを描く 読み切り作品『二人は底辺』が発売!!

この記事をシェアする

どーも。

なぎにゃぎです。

 

ジャンル不明!?「来世は他人がいい」を読んだ感想と内容を紹介」という記事で、おすすめしているマンガの読み切り作品が単行本となって発売されました。

主人公の吉乃13歳と2巻で登場した翔真15歳の出会いが描かれています。

 

読み切り作品なので48ページと短く、紙媒体でも発売されないのが残念です。

それでも読み切り作品を見逃した人にとっては、発売してくれるだけでも嬉しいですね。

 

今回は『二人は底辺』の感想を紹介させていただきます。

 

以降はネタバレを含みます。

未読の方はご注意ください。

スポンサーリンク

 

二人の出会いについて

二人は底辺:来世は他人がいい

引用元:来世は他人がいい

二人の出会いは『来世は他人がいい』の二巻で軽く語られています。

 

ただ、ここでは荒れていた翔真が、染井組長(吉乃のおじいちゃん)に喧嘩売ったくらいにしか描かれていません。

 

『二人は底辺』では、翔真の家族構成などの背景も含めて、ヤクザに喧嘩を売った理由が描かれています。

 

あの家庭環境だったら、そりゃ荒れるわ。。。って感じの環境を生きていれば、翔真が荒れているのも仕方がないと思っちゃいますわ。

 

 

翔真が吉乃に尽くす理由

来世は他人がいい:二人は底辺

引用元:来世は他人がいい

『来世は他人がいい』では、翔真が吉乃のために尽くしている姿が多く描かれていますが、その辺りの背景も『二人は底辺』を読むと納得できます(*'▽')

 

自暴自棄になっていた自分の人生を救ってくれた吉乃には、頭が上がらないってことですね(笑)

 

 

翔真が染井組に入ったあと

二人は底辺:吉乃と翔真

引用元:二人は底辺

翔真が染井組に入って1ヶ月後の姿が描かれています。

 

荒れていた翔真ですが、祖父や布袋さんと一緒に食事している姿を見ると、すっかり打ち解けた雰囲気を見せています。

 

世話焼き吉乃、甘えんぼ翔真。

この二人のやり取りを見るだけでも『二人は底辺』を購入する意味があると思います。

 

 

まとめ

『来世は他人がいい』を読んだあとに『二人は底辺』を読みましたが、読み切り作品だけでも充分に楽しめる内容になっています。

 

読み切り作品を知っている人に言わせると、吉乃と翔真が主人公だろーって想いかもしれません(笑)

 

「きみが心に棲みついた」に続く? 「来世は他人がいい」の主人公:霧島のサイコパスな魅力を語り尽くす」この記事で霧島の魅力を語っていますので、主人公としては霧島がイイ味を出していると思っていますけどね。

 

連載が始まる2年以上前の読み切り作品ですが、『来世は他人がいい』にも引き継がれている内容が多くあります。

 

『来世は他人がいい』のファンなら読む価値あり!!と断言できる作品です。

 

ではでは。